『築城典刑』は万延元年(1860)28歳の圭介が自分で
蘭書を翻訳し、自分の活字で作った最初の本である。

 『われ徒死せず』 明治を生きた大鳥圭介 著者 福本龍より