歴史の重みと風雪に耐えてきた
大鳥圭介の生家がとうとう壊されました。
責任を任された標柱が跡地を見守っています。

2008.3.30の圭介公フォーラムの翌日
生家解体に
4月1日 きれいな藁がどっさり
   200年のすす竹も
住民「・・・」
2008.4.2 17時6分 
大鳥圭介生家が無くなる1分前
200年の歴史が消えて
標柱が責任を担うことに
2008.4.5 11時20分 村の重鎮が消える 
ダンプが砂利を敷き 完・・・