上郡町のキャッチフレーズ
「歴史と未来の出会う町」


上郡の貴重な宝を知ってもらいたい。守り、伝えていきたい。
今回は、歴史に熱い思いと願いを込めて

第3回講座・町内遺物接合!皆さん童心にかえってお宝探し

「質感も合うし全体のパーツもよし!」「まさに瓦ね」 「オーぴったり!チョークで印して」
『色調・質感・模様と・・・』皆さん夢中で探す。 「次はセメダインで。」「はみ出るくらいたっぷりと」
6人が遺物ぴったしカンカン♪1人で3個も見つけた方も。私は何でも初めての体験。楽しかったです。
但し、本日までの道のりは長く・・・発掘調査→整理作業→水洗い→ネーミング等々気の遠くなるよう専門家、関係者の皆様方のご苦労があります。島田学芸委員「大変だけど楽しいですよ。」童心の笑顔。
本日の私の収穫=上郡町の興井廃寺遺跡は、日本最古の奈良県の法隆寺と同じ建て方。「ほう〜」
播磨の中では、基本に忠実な法起寺式(講堂・塔・金堂
に門)である。650年以降、寺創建始まる。
次回は9月15日(日)実習2(土器の接合) 汚れてもいい服装でとのこと。楽しみです。