上郡町のキャッチフレーズ
「歴史と未来の出会う町」


上郡の貴重な宝を知ってもらいたい。守り、伝えていきたい。
再び大鳥圭介講座「大鳥圭介の魅力に迫る!
2014年度は、5回講座とも講師は島田学芸員です
3回目12月14日(日)和歌・漢詩から圭介を読み取る

今更に 思い出しても いさましし
風まつ島の 船のけしきは(仙台)

 待つ・松

 蝦夷の海の 深き心を 人しらで
ただ白浪の 名をや わすらむ


海の深さと私の思いの深さを誰も知らないだろう

圭介の心の隠れ、ゆれ動き、思いの行き先


しばし待て 月に懸りし 群雲を 又ふきはらふ 風やあらなむ

もう少し待っていれば風(時勢?、教え子?※勝手な私のおもい)が・・・いつかきっと・・・ 圭介の心境 


圭介の和歌103首 漢詩300首余り判明している

 「圭介の和歌、漢詩には、自分の心がそこに反映されている。
 戊辰戦争の和歌漢詩は、 懐古(懐かしんで)ではなく、回顧(かえりみて)して詠んだ・・・」

 
心に残る本日の島田先生のことばでした

次回4回目講座2月15日(日)『如楓家訓』を読む※1月は講座はありません。