前田翁頌徳碑
 


   前田翁頌徳碑
  明治34年1901年建立 たつの市 小犬丸

 前田精は、外科医であり小学校校長としても人望が厚く、門下生からも親しまれていた。
 圭介は、門下生に碑文を依頼される。圭介は、前田家とはお付き合いがあり、知人でもあった。
 碑の終わりの行に
 
非術之仁、惟人之仁

 医は、仁術というが、術そのものが仁ではない。
 手術をしないでも 
 
人を惟(おも)う(careする)ことこそが仁である。