55の手 習 い(148)

  後のごあいさつ
先日、心に残ったおもてなし
広げようこころのネットワーク”上郡役場正面にいつからか、標柱に。地球の最果てからも意見交換、視野、輪が広がります。
 島根県尼子フェスティバルビデオをDVD”にして参加した仲間に配布。その晩から一週間電話の鳴りっぱなし!「ありがとう。よく見れたよ。・・・」すぐの反応!何よりも勝る嬉しい言葉です。
人の振り見て我がふり直せ”心がけたい すぐの反応です。

おもてなし
 「帽子をありがとうございました。」
9月29日島根県尼子フェスティバルに参加。1.5キロ行進いざ出発。「あっバスの中に帽子忘れた〜」カメラ担当の私の独り言。間もなく「これ使ってください。返さなくていいです。使って無い帽子ですから。」晴天の中をこの帽子のおかげで倒れずにいい写真が撮れました。イベント終了後、帽子を差し出してくださった方の家の垣根に帽子とメモを置いて島根県安来市を心地よく後にしました。

 

新おもてなし
「すごいなあ〜」「社長の方針、教育だろうね〜」。3家族6人一泊旅行ホテル先。
清算する翌朝「ありがとうございました。」左記の領収証に金額と係の名まえも記されていました。6人初めての体験。この余韻は今もなお・・・
「来年も菊マンにしようね。」3家族異口同音。大満足で帰路に。
車中「あんたのHPに載せとって。」OK。
2年ほど前の事 ヨガを一緒にしている先輩の言葉が今も心に・・・

時々頂く先輩手作り料理を写真にしてハガキに
 「あなたから頂いた写真付きハガキは皆とってあるわ。娘が帰省する度に見せるの。道徳の時間に使いたかったわ。
 沢村貞子さんがエッセーに書いていたけど
後のごあいさつ』こそが大切である。・・・と、まさに貴女のことね。」
 思いもよらない未だ耳にしたことのない嬉しい驚きの言葉でした。
おもてなし』同様に大切にして余生を送りたいです。