2018年平成30年
明治150年戊辰150年 
遅くなりましたが嬉しくて感謝のお知らせです(*^_^*)
姫路獨協大学播磨会主催平成30年度はりま歴史講座4月〜12月
なんと上郡町の大鳥圭介を軸に講演会を全10回。

6月9日(土)第3回 大森 亮尚(古代民族研究所代表)
演題「幕末の怨霊・田中河内介」

6月12日神戸新聞
 
 「名を封印された志士」
   はりま歴史講座から

7月1日神戸新聞
 「幕末秘話 供養の灯明」

  「明治天皇育てた但馬人」
  「寺子屋騒動の志士、非業の最後」
 感動しながら読む。

新五国風土記第6部不思議巡り

先日獨協大学で
拝聴した大森先生の講義の主人公「田中河内介」の記事が載っていた。
 
 私は田中河内介の名も初めてだったが講義に合わせて神戸新聞に載り興味深く読んでいった・・