大鳥圭介生家の隣に住む村の長老の話  私の記憶  石戸と旭日鉱山  

岩木氏子神社に蔵内金山百円の寄附金
この石戸には今から約100年前(日露戦争当時)より金、銀、銅の鉱脈があるのを山師(鉱山ブローカー)の試掘りにより有望視された。
 国境に位置する山奥の辺境には必ず地下の資源が眠っているという。
 大鳥圭介は、その石戸の大資源の上で産声を上げたのであろう。昔から天下の英雄は山紫水明の地に出ずと言うがまさにその通りだ。元衆議議員の大上司さんも市原で生まれた。
 石戸地域には珍しく、金、銀、銅の資源が埋まっており、明治から昭和に至るまで、試堀ー操業生産ー出荷と一連の産業があったのだ。
 私の知り得る限りでは、黒石へ上がり坂に方恵金山、大避神社の上の山にあった峰尾銅山、中山家の上にあった赤松金山、私の家の裏にあった岩木金山、大手では蔵内金山もあり、昭和12年には日本の大手鉱山の日本鉱業旭日鉱山(後の三井鉱山)戦後開山して磯辺旭日鉱山、そして最後には、合同資源産業と時代と共に社名が変わっていった。
 昭和30年以降日本国中に金相場が上がりゴールドラッシュブームで湧いた事もあった。

   ♪   岩木よいとこ一度はおいで 谷は細いが
           その奥に金がぞくぞく黄金の山が     ♪

昭和13年頃からは、どんどんと鉱山開発で諸々の工事が始まった。旭日鉱山からは、金、銀、マンガン等も含有した鉱石が採れた。藤井さんが当時の鉱山長に聞いた話では、投下した費用が当時500万円もかかったとか・・・今の金に換算すると何と250億円だろう。
 昔からの狭いこの石戸には、上から下まで農地は、ほとんど鉱山に提供(賃貸)で民家の空き室は殆どその関係者(技術者、職人、人夫等)で満員だった。先ず、職員社宅、一般社宅、映画集会所、診察所、物品販売所、倉庫、共同浴場、貸し農園、理髪店もあった。又、谷宗田には朝鮮人長屋もあり、田中飯場もあった。
 岩木国民学校の運動会も盛況で何と児童数が145人もいた。部落リレーも7チームあって毎年鉱山の白チームが優勝していた。
 昭和14年〜15年頃より日中戦争から太平戦争へと、戦争は拡大しつつ最盛期には400人くらい働いていた従業員も戦争に行ったり、軍の工場へ動員されたりしてだんだん人も減少していった。
 わたしの親父も旭日鉱山専用の運送業をやっており、馬力(四輪馬車)で1日に2回も駅まで(専用駅ホーム)往復し、行きも帰りも荷物を積んで運び、当時小学校の先生の10倍位の賃金を稼いでいたそうな。
 岩木谷には、親父の他6人もの同業者があり、運送業組合で仲良く仕事をやっていた。途中日中戦争で赤紙召集で中国へと出征して行った。
 中曽根内閣時代に大阪通産局長通達で鉱山に対する政治が厳しく補助金がオールカットされたので旭日鉱山も衰退していったのであろう。

西崎方恵鉱山50円寄附金
旭日鉱山跡地2008.1.30
旭日鉱山宿舎跡2008.1.30
圭介さん、日本の近代化発展には、山油、石炭、鉱山等の資源活用だと外国や日本を見聞し調査し、本に残し、実践貢献していった。自分の生まれた裏山に鉱山資源が眠っていた事には気がつかなかったんだなあ〜